FC2ブログ

[468] ハイジおばさんの断捨離日記ー56

⭐️スイスのコロナ風景

観光国スイスでもコロナの影響は必至! 今朝スイスの友人から届いたメールでは、かなりスイス人もストレスが溜まっているようです。

しかし、山国のスイスでは、三密を避けるには、山に逃げる!!!

そこでこんな奇妙なケーブルカーに乗ってみたそうです。場所はスイス発祥の地、ウィリアム・テルの伝説が生まれたルツェルン湖の辺りのシュトースとのこと。正面の山は、スイスの富士山ともいうべき神秘の山、ミーテン山です。

IMG_4897 3

こんな空気の良さそうなスイスでも、待たれるのはワクチンの開発とのこと。

試練の時は、日本もスイスも変わらないようです。
スポンサーサイト



[467]ハイジおばさんの断捨離日記ー55


⭐️お盆の送迎
こんなタイトルを書いままぼんやりしているうちに、8月も真近になってしまいました。
お盆の話題に触れたかったのは、迎え火/送り火の時に置く、ナスときゅうりの牛と馬を、迎え火の時は中に向けて、送り火の時は外へ向けて置いて、死者の霊を導くと聞いて、日本人の思いやりの細かさに感じ入ったからでした。
DSC_0413_convert_20200729172350.jpg

さて写真の野川は、増水した現在のもの。このホームに入る時に、真っ先に聞いたのは、野川が洪水になる事はないですか?答えは、上流が高い山ではないので、今までそうした話は聞いたことがない、と言う事でした。
 しかし水辺の草はすくすくと伸びて、今では水辺の遊歩道はほとんど見えないし、そこを歩いたら蚊に刺されそう。と言う事で、今日の散歩も上の自転車道(白いシャツの人が小さく写っている)でした。
 この道には愛想の良い猫が2匹いて、飼い主いわく、みんなが餌をあげるからよ、ですって!

[466]ハイジおばさんの断捨離日記ー54

⭐️引っ越しました

コロナ騒ぎの真っ最中、業者のスケジュールに押されるようにして引っ越しを果たしました。行く先は、ご想像通りの老人ホーム、築27年のベテラン施設です。

なぜ?と言う愚問はさておき、なぜここに?

翻訳に没頭できて食事の心配がいらない、翻訳に疲れたら散歩に出られる。大きい提携病院が近くにあり、かかりつけの医院も近くにある。看取りまでやってくれる。都心まで約30分、友人たちとの付き合いも可能な圏内にある、などなど。

2−3度見学して、たまたま空いていた部屋から外の景色を遠く見渡した時、「ああ、こんなところで翻訳作業をしたらいいだろうなあ」と感じたのが決め手でした。


DSC_0393_convert_20200503094259.jpg
写真は近くを流れる野川の休日風景。川岸は2段になっていて、水際の散歩も可能。桜がきれいだそうで、来年が楽しみです

[465]ハイジおばさんの断捨離日記断捨離日記ー53

2台目のパソコンを購入しましたが・・・

翻訳作業を二重にプロテクトする目的で、ノートパソコンを仕入れました。と言っても、まだ全然使えていません。説明書も付いてこないし、店頭で説明してくれるでもなし、有料の問い合わせサービスの料金を取られただけです。ソフトだけは入れてくれました。もちろん説明抜きです。

         DSC_0348_convert_20200128205320.jpg

何より困ったのは、若い店員の言ってる日本語が聞き取れない。日本語の発音は変わってしまったのでしょうか?聞き返すとちゃんと喋ってくれるので、つまりちゃんと喋れるが、普段はあまり口を動かしていない!つまり滑舌が悪い?でも若い人同士ではこれでわかるのねえ???

自分の説明すべきことは、ずらずらと喋ってくれるけれど、お客が分かっているかどうか無関係。説明ってわかってもらうためにするんじゃなかったっけ??? 自分が分かっていることを、相手にもわかるように説明する訓練はどうやらしないらしい。

「重要書類保管用封筒」というのをくれて、その中に種々の電話番号やら、領収書を入れてくれているけれど、どういう時にどこに電話すればいいのかわからない。「もう私の説明はこれで済んでます!」ということらしい。

困ったなあ! 明日からこれらの番号に順番に電話して、「お宅は何をしてくれるところですか?」って聞かなくちゃならないのかしらん。
十数万円も払って買ったのに、ただのコピー保存用になっちゃいそう。
このメールを「*****カメラ」さんが読んでくれないかしら?


素敵なノートパソコンを前に、悩めるハイジおばさんです

[464]ハイジおばさんの断捨離日記−52

🌟生き残るのは弱いもの?

今朝の朝日新聞、妙に気になる天声人語だった。
弱者の方が変化に適応できるのは、そうせざるを得ないから!!!
確かにそうかもしれないと、逆に納得できる一文でした。
「強いものが勝つのではない。勝ったものが強いのだ!」。いい言葉だなあ・・



プロフィール

ハイジおばさん

Author:ハイジおばさん
スイスとのおつきあいは、スイス政府観光局から始まって、もうかれこれ40年。まだまだ奥深いスイスの魅力を追いかけています。hpもどうぞご覧下さい。
www.office-romandie.info/

カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR