●車掌の話をもうひとつ

RIMG0707+???????????????_convert_20110227095714

車掌の話をもうひとつ。これは交通新聞へ寄稿した記事の一部です。

 スイス南西部のシエール駅からフランスのシャモニーへ小旅行を試みた時のこと、直通で切符を買えるか不安を覚えつつ窓口へ。すんなりと買えたがこれが高い!半額カードを使っても50数フラン!フルに払えば1万円近くなる。高い高いとぼやきつつ車内へ。
 ご存知スイスの鉄道には改札口が無く、車内を巡回してくる車掌が検札する。
 2人連れの車掌、ひとりは立派なカイゼル髭をたくわえている。もう一方は見習いらしい。その高い切符をうやうやしく差し出したところ、「ジュネーブで乗り換えです」。
 「うぬ,ジュネーブじゃと?わたしゃジュネーブなんぞには参らぬ。シエールから乗れば、2つ先のマルチニーで私鉄に乗り換え、さらに国境でフランス国鉄に乗り継ぐのが常識じゃ!」とカイゼル髭に食ってかかると、
「それはそうですなあ、シエール駅はなんでこんな切符を発行したんでしょうなあ。申し訳ありません。計算し直して差額をお返しします」。
 カイゼル髭殿は、赤い鞄に入ったコンピューターを駆使しつつ、自分で計算しては見習いに指示し、おまけに携帯電話まで取り出して、マルチニー駅にシャモニーまでの切符を別途用意するように指示、あっという間に切符は国境まで16.10フランと値下がりした。 
 嬉しく払い戻しを受け取り、サインをしてにこやかに一件落着。お礼に手入れの良いカイゼル髭を褒めそやしたのはいうまでもない。

スポンサーサイト

●スイス人は語学の天才?#7 スイス人と英語

 ジュネーブ発のTGVの車掌と英語で話が通じなかった、いうメールを頂きました。フランソワーズ・モレシャン風に言えば、これは話なかったのではなく話なかったということになりましょう。ましてやTGVはフランスの超特急ですから・・・。とはいっても、スイスの田舎では、英語はご愛嬌といった車掌さんにも出会いましたね。
 一般的には、スイス人は国語でもないのに英語が上手で、これを第5の国語にしようと国民投票に掛けるとか掛けないとか・・・。
 ドイツ語圏とフランス語圏の2人がシビアなビジネストークを展開しているのを目撃したことがあります。言葉はなんと英語でした。どちらも自分に不利で相手に有利な言葉では商売の話はしたくないようです。でもこれは逆の使い道もありそうですけどね・・・。

テーマ : スイス情報
ジャンル : 海外情報

●スイス人は語学の天才?#6- スイス生まれのフォント「HELVETICA」


HELVETICA-JPG+のコピー+のコピー_convert_20110219110055



またスイスの言葉の話に戻りました。
スイス連邦の古名が「ヘルヴェティア」であると先回書きましたが、この名は「ヘルべティカ」の名前のフォントとして、みなさまにもお馴染みではないでしょうか?この書体は、スイス人マックス・ミーティンガーのデザインによるものです。角張った重厚なタッチは公式文書などに好まれ、日本では、JR東日本の英文駅名標にも使われています。いちどご自分のフォント一覧を覗いてみては如何でしょう?


HELVETICA-2JPG+のコピー_convert_20110219110147


テーマ : スイス情報
ジャンル : 海外情報

番外ー氷河特急事故は早過ぎた加速が原因と公式発表

氷河特急10001+のコピー_convert_20110206110623
昨年の7月23日に起きた、氷河特急の列車転覆事故について、鉄道船舶事故調査委員会が1月20日に最終報告を発表したと、swissinfo.chのニュースで伝えられています。

この事故は脱線によるものではなく、規定速度の35キロを上回る56キロで運転していたため、カーブでの遠心力が強くなりすぎて横倒しになったもので、天候、線路の状態、運行ダイヤ、指示,車両の状態は事故とは無関係であると確認されました。

日本人の犠牲者が出たことは記憶に新しく、また事故の2日後に運転を再開したことに批判もありましたが、直後の世論調査によると、解明を待つべきだったが51%、乗りたい乗客が待っているから再開は正しいが41%だったと、swissinfoは伝えています。


テーマ : スイス情報
ジャンル : 海外情報

プロフィール

ハイジおばさん

Author:ハイジおばさん
スイスとのおつきあいは、スイス政府観光局から始まって、もうかれこれ40年。まだまだ奥深いスイスの魅力を追いかけています。hpもどうぞご覧下さい。
www.office-romandie.info/

カウンター
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR