[247] スイスのトンネル

■世界最長の狭軌トンネル:フェライナトンネル

国立公園の入り口にあるツェルネッツ村は、1999年11月19日、まるで語呂合わせのようなこの日に、もうひとつ新しい顔を見せました。フェライナ・トンネルの開通です。
 全長19,042mのこのトンネルは、軌道幅100センチでこの地方を網羅する地方鉄道レーティッシュバーンの一路線で、ほぼ真上に、難所のフリュエラ峠が走っています。この峠は冬には閉鎖されることが多かったので、この路線のカートレイン利用によって、下エンガディン地方と、州都のクール、そしてチューリヒまでの時間が大幅に短縮されたそうです。


Vereina0003.jpg
フェライナトンネルへの入り口、サリヤインス駅の夕暮れ。乗客の乗り換えとカートレインの乗り入れのためだけで、外には出られないらしい。

 地方鉄道ながら、新旧の鉄道技術を駆使するレーティッシュ鉄道(RhB)は、有名な氷河特急の最大の担い手であり、またその路線の一部と景観が世界遺産に選ばれた、力強いスイス最大の私鉄です。その高度を克服する技術は箱根登山鉄道にも導入され、いまは姉妹鉄道になっています。RhBの3つの駅には、日本語の駅名板が取りつけられ、逆に箱根の強羅駅には、記念のカウベルが掛けられいます。

Vereina0004_convert_20130926220211.jpg
レーティッシュ鉄道、ベルニナ線のアルプグリュム駅の,日本語の駅名板。
スポンサーサイト

テーマ : スイス情報
ジャンル : 海外情報

[246] スイスの世界遺産

■ミュスタイアの聖ヨハネ・ベネディクト会修道院

 スイスでただひとつの国立公園は、自然保護先行で、観光地とは言えませんが、実はこの国立公園を抜けた先のミュスタイアに、スイスに現在9つある世界遺産のうちの一つ、聖ヨハネ・ベネディクト会修道院があるので、やはり観光客にとっても気になる場所に違いはないでしょう。登録年は2003年、分類は自然遺産ですが、9世紀に建てられたベネディクト会の修道院です。とくに最近発掘された壁画は、9~12世紀の貴重なものだそうです。

ミュスてア_convert_20130920102558

 ミュステア村へは、ツェルネッツから国立公園のただ一本の車道を抜けて、バスが走っています。所要時間は片道1時間ほどのようです。


エンガディン_convert_20130920102658

テーマ : スイス情報
ジャンル : 海外情報

[245] スイスの国立公園2

■ロゴマークは、ボケガラスではなくホシガラス

国立公園4_convert_20130909222409

ホシガラスは、チェンブラ松という、南ヨーロッパに多い傘型の松の実をくわえて、それを地面に埋めて保存しようとする習性があるそうですが、埋めたところをすぐ忘れてしまうので、それが次の松を育てる役目をしているという、まるでボケガラスとも呼べそうな愛嬌のある鳥です。自然の再生を象徴するようなこの鳥が、スイスの国立公園のロゴマークになっています。1914に設立されたこの公園は、折しも勃発した第一次世界大戦当時、隣国から戦火を逃れてくる動物達が多くみられたということです。

国立公園5_convert_20130909224241

地図を見ると判る通り、この公園の中には、一本の自動車道とレストランの建物が2つあるだけで、あとはすべて自然のままの姿です。人間は、この赤い色のハイキングコース以外を歩くことはできません

テーマ : スイス情報
ジャンル : 海外情報

[244] スイスの国立公園1

■国立公園は、自然を保護するところ

エンガディンスキーマラソンの終点ツェルネッツの村は、スイス唯一の国立公園の入り口でもあります。

国立公園0002_convert_20130909220636

国中が国立公園なみに美しいスイスでは、国立公園は観光目的ではなく、厳重な動植物保護区として存在しています。
広さは172平方キロ、東京世田谷区のおよそ3倍くらいの広さでしょうか。
その特徴は、人間が動物と植物の従の立場にあることです。国立公園の中には自動車道路が一本のみ、あとは総延長80キロほどのハイキングコース。この中では花をつむ事も、木を切る事も、火を使う事も、釣りをすることも、動物を捕まえることも禁止。人間は常にひっそりとそこに居させてもらうという風情です。

テーマ : スイス情報
ジャンル : 海外情報

[243] スイスの夏冬

■ エンガディン・スキーマラソン

全長約100キロのエンガディンの谷のほぼ中央部分までは、いくつもの湖をイン川が結ぶ平な地帯。この平坦さを生かして、毎年3月、12000人も参加するクロスカントリースキーのマラソンが行われます。スタートは水源の麓マローヤ、終点は49キロ先のツェルネッツで、標高差は約350mです。ここまでは上エンガディン、ここから先のオーストリア国境までは、下エンガディンと呼ばれて谷がぐっと深くなります。

esm7836_convert_20130825175726.jpg

札幌スキーマラソンと姉妹提携したこともあるエンガディン・スキーマラソン。選手達の走る足元は、凍結した湖がほとんど。


テーマ : スイス情報
ジャンル : 海外情報

プロフィール

ハイジおばさん

Author:ハイジおばさん
スイスとのおつきあいは、スイス政府観光局から始まって、もうかれこれ40年。まだまだ奥深いスイスの魅力を追いかけています。hpもどうぞご覧下さい。
www.office-romandie.info/

カウンター
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR