[330]-スイスに住んだセレブ-1の6

■ 教会の塔に十字架がない!!!

前々回、トロシュナ村のチャペルの写真をご紹介したところ、屋根の塔に十字架が見えませんが、というご指摘がありました。ハイジおばさん、はじめて気がついてビックリ仰天!さっそくスイスの友人に問い合わせたところ、スイスのこの地方(レマン湖周辺地方)では、1541年ジュネーブでのカルヴァンによる宗教改革のあと新教が主流で、カトリックの教会は塔に十字架を立てるが、プロテスタントでは ”雄鶏” をのせるか、または何も乗せない、のだそうです。なぜ ”おんどり” なのか? 子供の時は知っていたけどもう忘れちゃったわ、というのが友人の言です。ちなみに彼女は私と同年齢ですから、忘却量はたっぷり!ご容赦ください。

AH7_convert_20150521150520.jpg スキャン+1_convert_20150521152903 AH18JPG_convert_20150521150649.jpg
ちょっと小高い場所にあるトロシュナ村の墓地                 墓地撤去の予告           村の紋章がはいった墓地の如露

ところで、
22年前にオードリーの墓を訪ねたときに、上記中央の写真のような掲示を見ました。トロシュナ村の村役場のもので、”申し出がなければ墓を整理する”と書かれています。スイスでは土地が少ないせいか、こうして20年か25年に一度墓を撤去するのですが、最近は、火葬の伝統がないスイスでも、灰にして樹木とか、湖(レマン湖)だとか、教祖?のカルヴァンの墓に撒骨する人が増えているそうです。文明社会共通の現象でしょうか? 
ちなみに、オードリーの墓は整理する理由はまったく無い!という正式回答をもらっていますので、心配無用です。
スキャン+3_convert_20150521153234
オードリーがメル・ファーラーと結婚式を挙げた、中央スイスのビュルゲンシュトックにあるチャペルには、ちゃんと十字架がついている。


スポンサーサイト

[329]スイスに住んだセレブ−1の5

■トロシュナ村ーつづき

トロシュナ村の全図と隣のリュリイ村の一部です。約400メートル四方の村というところでしょうか・・・。
スキャン_convert_20150520231522
                               拙著『スイスとっておきの旅便り』(JTB)から

中央の左上から右下に走る帯が県道,右横に延びる道路は、モルジュからのバス路線で、村の中の町役場前が終点です。墓地はちょっと高いところにあって村全体が見渡せます。


AH4_convert_20150520231649.jpg AH5,JPG_convert_20150511190933
墓地から村の北半分を見渡したところ。遠くの山はジュラ山脈                   オードリーの家の前、県道の向こう側にある牛小屋   

[328]スイスに住んだセレブ−1の4

■トロシュナ村の風景

AH17JPG_convert_20150512180811_20150516160856aa9.jpg AH9_convert_20150512091050.jpg 
村のチャペルは普段は閉まっている。                        白い柵の通用門前は、車がブンブン飛ばす県道。スマートカーが見える。
オードリーとドッティが結婚式を挙げた村の小さなチャペルは、巡回牧師が管理する小さな教会。1993年、ここで彼女自身の葬式も行われました。メル・ファーラー、ドッティ、そしてショーンとルカの2人の息子も共に棺を担いだといわれます。

AH10_convert_20150512091232.jpg AH14_convert_20150512092505.jpg
二人の子供が通った学校も、屋敷からほんの4−5分。休日の学校には、色鮮やかなサッカーボールがぽつんと・・・。

[327]スイスに住んだセレブ−1の3

■終の住み家「ラ・ペジーブル」舘

AH3_convert_20150511181125.jpeg AH12_convert_20150511184942.jpg
亡くなったあと、日本人が買うという噂もあった、ラ・ペジーブルの館の県道側通用門。            広大な敷地の脇の道を通って子供達は学校へ。

オードリー・ヘップバーンが、最初の夫メル・ファーラーとの子供であるショーンを連れて住み始めたトロシュナ村の「ラ・ペジーブル」(=the peacefulの意味)の館。二番目の夫となるドッティとは、この村の小さな教会で結婚式を挙げ, 二人目の息子のルカも生まれました。息子たちは、館の脇の道を通って一緒に村唯一の学校に通い、オードリーも他の子供のお母さんたちとなんのへだてもなくご近所つきあいをしていたとのことです。
AH1_convert_20150511212433.jpg
ラ・ペジーブル舘の白い柵の通用門から振り返ると、県道越しにこんな景色が広がる。 
たった1.6キロ平米、人口1600人ほどのこの小さな村には、商店もホテルもなく,ブドウ畑と果樹園ばかりが一面に広がっています。ここにオードリー1993年に亡くなるまでの30年間を過ごしました。
何故ここに?
それは彼女が、ひとりのお母さんであろうとし、それ以上を望まなかったからではないでしょうか?

プロフィール

ハイジおばさん

Author:ハイジおばさん
スイスとのおつきあいは、スイス政府観光局から始まって、もうかれこれ40年。まだまだ奥深いスイスの魅力を追いかけています。hpもどうぞご覧下さい。
www.office-romandie.info/

カウンター
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR