[346]スイスに住んだセレブ11-1

■釣りとナルシスとボブスレーを愛したヘミングウェイ 

アメリカの作家ヘミングウェイが1920年代にスイスに住んだ場所は、レマン湖畔の丘の上のシャンビー。のちに近くのレザヴァンのシャレーに引っ越しましたが、いずれの場所も名花ナルシスの群生地。
クチベニ水仙と同種のナルシスは、「五月の雪」と呼ばれて、初夏にはこの地一帯を真っ白に埋め尽くします。
坂の多い丘の上の住まいからは、ボブスレーも楽しんだとか。 そこから釣り竿を抱えて、レマン湖畔のレ・グランジェットまで釣りにも出掛けていました。
レ・グランジェットは、ローヌ河がレマン湖に注ぐ河口地帯。流れ着いた流木も岩も自然のままに放置される、野性的な環境保護地帯です。


ヘミングウエイ_convert_20151124214155    ナルシス0001_convert_20151125101119


グランジェット_convert_20151124214419 ナルシス10_convert_20151125221024

レ・グランジェット

スポンサーサイト

[345]スイスに住んだセレブ10-1

オーストリア皇后エリザベート

シシと呼ばれたハプスブルグ家最後の皇后エリザベートが旅多き人だったことは良く知られる。彼女はレマン湖畔のシヨン城附近の地を愛し、たびたび長期滞在している。
シシ像_convert_20151105101104  シシ_convert_20151105102137
モントルーの駅からシヨン城へ向かうトロリーバスの左手に真っ白な彼女の像が現れる。場所はレマン湖から数十メートル内側のテリテ。
彼女は、ジュネーブに住む友人を訪ねての帰路、湖船に乗ろうとしたところをアナキストの男に刺され、すぐに近くの豪華5つ星ホテルボーリヴァージュに運ばれたが、そこで亡くなったという。
このホテルにはいまでもシシの部屋というのがあるらしい。5代続くというこのホテルの当主は、シシの血染めの衣装を陳列していると言っていたが、いまでもそうしているのだろうか?
プロフィール

ハイジおばさん

Author:ハイジおばさん
スイスとのおつきあいは、スイス政府観光局から始まって、もうかれこれ40年。まだまだ奥深いスイスの魅力を追いかけています。hpもどうぞご覧下さい。
www.office-romandie.info/

カウンター
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR