●スイスの民族衣装 3

民族衣装は、生地や材質によって色とりどりですが、帽子やチョッキ,
エプロン、アクセサリーなどに共通部分があります。


■ヴォー州の伝統コスチューム

レマン湖地方(ヴォー州)の、日曜日に教会に行く時に着る服ということですが、お祭りなどでも良く見られます。麦わら帽子の把っ手のようなトンガリが特徴。ついひっぱりたくなります。

コスチュームVDJPG_convert_20120129095435


ジュネーブに続くレマン湖畔は、ローザンヌ、モントルー、ヴェヴェイなど
瀟洒な町が続き、ヘップバーンやチャップリンなど、多くの有名人が居を構えた高級住宅地です。沿岸のブドウ畑は世界遺産で、自然と文化がマッチしています

スポンサーサイト

テーマ : スイス情報
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

Secre

メールアドレスで御座います。

「gt4948872@yahoo.co.jp」で御座います。

宜しくお願い致します。

No title

GT様、
ご丁寧なコメント有り難う存じます。
お返事を書きますので、そちらのメールアドレスをお教えください。
私のアドレスは、romandie.suzuki@nifty.ne.jpです。
お待ちしております。
鈴木光子

初めまして、GTと申します。

おはようございます。改めまして、GTと申します。

ヴォー州の民族衣装の資料が無いか探していたところ、この記事に出会いました。私はこのヴォー州にあるロシニエール村を舞台にした小説を、ブログで連載しておりまして。「おてんばむすめルーシー」というタイトルの小説で御座います。作中の年代は1898年から始まります。

その作品のURLは「http://4902805.blog.fc2.com/blog-category-28.html」で御座います。

色々と資料を作成する上で図書館では色々と限界を感じ、大使館やロシニエール村の役所?にも問い合わせたのですが…これが中々難しく…。

祭りも作中に出てくるのですが、小説とは言え衣装等の資料がが未完成なのでなんとも心許ない出来になってます。その資料を探していたところで、この記事に巡り会いました。そこでハイジおばさん様にお願いがあるのですが、このお人形さんの画像を資料にしても宜しいでしょうか?(ちなみにこの衣装は子供も着用するのでしょうか?)

ご検討のほどよろしくお願い申し上げます。
プロフィール

ハイジおばさん

Author:ハイジおばさん
スイスとのおつきあいは、スイス政府観光局から始まって、もうかれこれ40年。まだまだ奥深いスイスの魅力を追いかけています。hpもどうぞご覧下さい。
www.office-romandie.info/

カウンター
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR