FC2ブログ

● ジュラの秋 5

■スイス・ジュラ地方の秋色〜〜〜オルゴールのふるさと

テーブルのようなジュラ山脈の山懐には、2つの貴重なオルゴール博物館が隠れています。そう、オルゴールはもともと精密な仕掛け装置、ジュラ地方に発達した時計産業と切っても切れない関係なのです。

ボー博物館_convert_20121026211209
そのうちのひとつ、「ボー・ミュージアム」があるオーベルソンの村は、山塊を登りつめて、しばらくその山中を走った草原の中にあります。古いオルゴールや大型仕掛け装置が60点あまり展示されています。
ボーとは、この博物館をつくったボー3兄弟のこと。仕掛け装置の修理をしているうちに、病み付きの収集家となり、とうとう一般展示することになったとか。いまはその姪御さんの時代になっているようです。

ボー博物館0001_convert_20121026211241


写真はすべて同博物館の絵はがきから。ピアノもヴァイオリンもすべて仕掛け装置で演奏します。アコーデオンを弾く仕掛け人形は,有名なシャンソン歌手のティノ・ロッシがモデル、右手の2体の楽士の人形は、フランス革命からスイスへ逃れたスタール夫人の愛蔵品だったそうです。



スポンサーサイト



テーマ : スイス情報
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

Secre

プロフィール

ハイジおばさん

Author:ハイジおばさん
スイスとのおつきあいは、スイス政府観光局から始まって、もうかれこれ40年。まだまだ奥深いスイスの魅力を追いかけています。hpもどうぞご覧下さい。
www.office-romandie.info/

カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR