fc2ブログ

[237] スイスの夏景色−食

■フウフウして食べる?ラクレット

RACLETTE+のコピー_convert_20130727000658

闘牛をするエラン種の牛のミルクからは、主にラクレット用のチーズが作られます。

ラクレットは、直径30センチほどの円盤状のチーズを半分に切り、その断面を暖炉の火にかざして、溶け出したところを削り取って、ゆでたじゃがいもにからめて食べるものです。マッターホルンなどがあるスイスの西南部、ヴァレー地方の郷土料理です。

火を使うので、おもに冬の食べ物でしたが、最近は、チーズを長方形に薄く切り、それを金属製の皿に載せて溶かして食べる器具が出来て、いっぺんに6人位、それも暑い思いをしないで食べられるようになりました。この器具は家庭用もあるので、日本へ買って帰ることもできますが、電圧の調整にはご注意ください。
スポンサーサイト



テーマ : スイス情報
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

Secre

プロフィール

ハイジおばさん

Author:ハイジおばさん
スイスとのおつきあいは、スイス政府観光局から始まって、もうかれこれ45年。まだまだ奥深いスイスの魅力を追いかけています。hpもどうぞご覧下さい。
www.office-romandie.info/

カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR