fc2ブログ

[242] スイスの夏景色−家

■猫、犬、鳩の入り口も

の絵は、有名な絵本作家、カリジェの「ウルスリの鈴」の一ページです。カリジェは、エンガディンの谷の小村グアルダをモデルに、ウルスリ少年の小さな冒険物語を書いてアンデルセン賞を受賞した、スイスを代表する画家で、これは,エンガディン地方の典型的なスグラフィッティ紋様の家屋の前で、ウルスリ少年の両親が,冒険から戻ってこない少年を待ちわびているところです。


岩波書店『ウルスリの鈴』から
前回ご紹介した家に似た背景の家はこの地方に独特の作り方で、まず中央に半円形の大きな入り口があります。ここは昔は馬車がバックで家の中まで入り、荷台の藁を地下の家畜に落とすための廊下で、いまは広いエントランスホールになっています。この半円のドアをなお、上下に2分割して、下は犬や猫が通れるように。上は風を入れたり、上下開けて人間が出入りします。そして上部の半円形は、鳩のためのドアです。ドア部分の右手には地下に続く入り口があり、ここから家畜が出入りします。その上の小窓の部屋には、たいていお年寄りが住んで、窓からすぐ村人たちとおしゃべりできます。

そして注目は、家の前に置かれた長いベンチ。気がむいたときに腰掛けて、前の道を行く村人と会話を交わします。「パリのカフェと同じだよ!」と言っていました。「ブンディ!(今日は!)」と声をかけてお友達になれれば、この特別な作りの家の中まで見せてもらえるかも知れません。ブンディはシッポのディのところを上げて発音するのがコツです。


スポンサーサイト



テーマ : スイス情報
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

Secre

プロフィール

ハイジおばさん

Author:ハイジおばさん
スイスとのおつきあいは、スイス政府観光局から始まって、もうかれこれ45年。まだまだ奥深いスイスの魅力を追いかけています。hpもどうぞご覧下さい。
www.office-romandie.info/

カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR