fc2ブログ

[249] 世界遺産あれこれ

■一目ではわかりにくくなってきた世界遺産

久しぶりのスイス旅行で、はからずも4つの世界遺産に遭遇しました。
その印象は?というと、「なにがどこまで世界遺産なのか判りにくい」、ということでした。

インドのタージマハル、エジプトのピラミッドのように一目瞭然というものから、いまでは説明してもらわないとよく判らないというものが増えてきたようです。ひとつにはネーミングの工夫が足りないということでもあるでしょうが・・・。

その4つとは、

−ラショー・ド・フォン&ル・ロックル:時計産業都市計画
−レーティッシュ鉄道アルブラ線/ベルニナ線と周辺の景観
−アルプス山脈周辺の先史時代の湖畔住居群
−聖ヨハネ・ベネディクト会修道院

でした。


DSCN0701_convert_20131031115310.jpg
10月上旬のサンモリッツ湖畔、樹々の葉は緑なのに、40センチの雪が降りました。
スポンサーサイト



テーマ : スイス情報
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

Secre

写真

コメントの返事を書いたのですが、なぜか不掲載。FC2は、このところ不具合が多いので、これは多分私のミスにあらず。とはいえ、もう一度書くしかありませんね。

写真は、今度は見えていると思います。

世界遺産については、私ももう少し頭の中を整理してみようと思います。

全部わかりません

ハイジおばさんお帰りなさい。
残念ながら、写真再生できませんでした。
何かのミスかな?

世界遺産、作り過ぎでは?

指定するのはユネスコでしたっけ?
あと管理するところが大変。
確か東京の高尾山まで・・・
一方で、富士山は、世界遺産ではなく、世界文化遺産。
一体どこが恩恵受けるのか。

日本人は権威づけられると、それだけで納得する。

日展なんか最悪ですね。
これまで、頂点に立った評価を受けた人たちへも、疑念が湧いてきます。
プロフィール

ハイジおばさん

Author:ハイジおばさん
スイスとのおつきあいは、スイス政府観光局から始まって、もうかれこれ45年。まだまだ奥深いスイスの魅力を追いかけています。hpもどうぞご覧下さい。
www.office-romandie.info/

カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR