FC2ブログ

[342]スイスに住んだセレブ7−1

■イゴール・ストランヴィンスキーと春の祭典

ロシア革命後のスイスのレマン湖畔、とくにモントルーとヴェヴェイや、中間地点にあるクララン附近は、旧ロシアから流れてくる金持ちや芸術家で賑わった。そこにはフランス、スイスをはじめ、ヨーロッパ中の芸術家が集い、まるで芸術家村の趣であったろう。ストラヴィンスキーは,病弱な妻を伴ってこの地に住み、ここで『火の鳥』などを作曲した。ロシア・バレエ団との親交も確立、他方、近くのローザンヌの丘に住むココ・シャネルとの艶聞も噂された。

ストラヴィンスキーオーディトリウム_convert_20150923140524   ストラヴィンスキー_convert_20150923141104
現在、モントルーには世界に誇るコンヴェンションセンターがあるが、その中の最大1800人収容のホールには、「ストランヴィンスキー・オーディトリウム」の名前がつけられている。
20年ほどまえに、ストラヴィンスキーが住んだ家というのをクララン附近で訪ねたが、なにやら黄色のペンキで塗られた存在感の薄い佇まいであった。ここに永住するのでなく、活動の場とした当時の若い芸術家たちの、夢の跡であったのかもしれない。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

プロフィール

ハイジおばさん

Author:ハイジおばさん
スイスとのおつきあいは、スイス政府観光局から始まって、もうかれこれ40年。まだまだ奥深いスイスの魅力を追いかけています。hpもどうぞご覧下さい。
www.office-romandie.info/

カウンター
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR