[343]スイスに住んだセレブ8−1

■クラランの墓地に眠る有名人たち

 東西80キロ、三日月型のレマン湖北岸には、ジュネーブ、ローザンヌ、ヴェヴェイ、モントルーと、それぞれにセレブを抱えた街が連なります。そんな中にも、ごく目立たない芸術家村のクラランには、かつて数々の芸術家が住み、また彼らを訪ねて沢山の作家や音楽家が訪れ、しばしの滞在を楽しんだようです。その中には、あの文豪トルストイや、フランスの作家アルフォンス・ドーデなどもおり、クラランの3ヘクタールという広大な墓地には、ロシアの作家、ウラジミール・ナボコフや、オーストリアの画家、オスカー・ココシュカなどが永遠の眠りについています。
クララン墓地_convert_20151011112557
 世界遺産「ラヴォー地区のブドウ畑」を散策ののち、しばし静かな墓地で古えの芸術家を偲ぶのも、レマン湖畔らしい時間の過ごし方かも知れません。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

プロフィール

ハイジおばさん

Author:ハイジおばさん
スイスとのおつきあいは、スイス政府観光局から始まって、もうかれこれ40年。まだまだ奥深いスイスの魅力を追いかけています。hpもどうぞご覧下さい。
www.office-romandie.info/

カウンター
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR