[358] スイスに住んだセレブ22-1

■シャーロック・ホームズはスイスで死んだ???

またまた架空の人物で申し訳ないが、シャーロック・ホームズの住居とされるロンドンのベーカー街221Bには、いまでも実際に郵便物が届くというから、半実在とさせていただくことに・・・。

このシャーロック・ホームズさん、実は宿敵のモリアーティー教授に追われてスイスに逃げ、スイス中央部のマイリンゲンという村の、ライヒェンバッハの滝でついに捕まって、滝壺に落とされたということになっている。
Reichanbach1_convert_20160412113631.jpeg Reichenbach+2_convert_20160412113715.jpeg 
ライヒェンバッハの滝                     途中まで登るケーブルカー

このライヒェンバッハの滝は、麓のマイリンゲンの村のスイス国鉄駅から20分ほどの場所にあり、ケーブルカーで中腹まで登ることができる。その頂上駅のテラスから滝壺を見下ろすと、滝の正面奥に星形のパネルがつけられている。これはスイスのシャーロックホームズ会がつけたものだそうで、ここでモリアーティー教授ともみ合って墜落したという目印だそうだ。
この顛末は、コナン・ドイル原作の「シャーロック・ホームズ 最後の事件」で語られている。
Reichenbach3_convert_20160412113828.jpeg Reichenbach4_convert_20160412114415.jpeg SHパネル_convert_20160412114023 
ホームズとモリアーティ教授の格闘             麓駅にあるホームズの彫像


ロンドンの同ソサエティは、なにかの記念年毎にスイス向けのツアーを実施しており、2012年にも実施、来年もやるとかやらないとか噂がもれ伝わって来ている。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

No title

古いパンフをスキャンしたので、まさかこの古い車体は使っているまいと思いましたが、ネットで見ると今も同じらしいです。下の駅からすぐ頂上駅に着いてしまい、町から長々歩いて行って損した気分になったことを思い出します。ホームズの話はそれまでまったく知らずにいましたが、当時の英国の時代背景を読むにはなかなか面白いらしですね。熱心なシャーロキアンが日本にも沢山いる、ということもその当時初めて(もう25年も前)に知りました。

S.ホームズねえ。

ハイジおばさんへ

昔、シャーロック・ホームズ、学校の図書館で借りて、むさぼるように読んだけど、全部忘れた。

素敵な峡谷ですね、ケーブルカーもスリルがありそう。
黒部峡谷鉄道のトロッコ列車も、それなりにスリルあったけど、比じゃないみたい。
何度か乗られたのですか?
プロフィール

ハイジおばさん

Author:ハイジおばさん
スイスとのおつきあいは、スイス政府観光局から始まって、もうかれこれ40年。まだまだ奥深いスイスの魅力を追いかけています。hpもどうぞご覧下さい。
www.office-romandie.info/

カウンター
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR