[414]ハイジおばさんの断捨離日記-2

●思いついたらなんでも断捨離

どこから手をつけていいかわからない!これが最初のつまずき。
だったら、どこでもいいとも言えるナ?

2つ目のつまずきは、思い出(特に良い方の場合)があって捨てられない。
さあ、これはどうしたものか。
でも老人は基本的には暇だし、最後の機会だから、とっぷり思い出に浸ってもいられるのは特権ではないか?
しかし、いつまでやってていいのかな???

自分が死ねば、全て捨てると同義になるのだから、いつ捨てるかは時間差の問題でしかない。この時間差をごまかす手段として、手に取ったら思い出すだけ思って、どうしても死ぬまでそばにおきたいなら、小さなメモをつけて一括したらどうか? 間違っても、またそっとそのままに・・・をやってはいけない、執行猶予期間はせいぜい、一件につき1日かな?!

La_Liberté-2のコピー_convert_20180218170307

スイスの300人の失業者で作った55mのガレー船の建造現場。2001年に就航したこの帆船は、今もスイスのレマン湖を優雅に航行している。骨組みが何か断捨離という言葉を連想させた。


スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

プロフィール

ハイジおばさん

Author:ハイジおばさん
スイスとのおつきあいは、スイス政府観光局から始まって、もうかれこれ40年。まだまだ奥深いスイスの魅力を追いかけています。hpもどうぞご覧下さい。
www.office-romandie.info/

カウンター
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR