[425]ハイジおばさんの断捨離日記-13

■都会のプチ植林?

この写真の小さな木は、鳥が運んできた(らしい!)。
と言っても鳥が木をくわえて来て、それを植えたというわけではない。
ゼラニウムの鉢植えの隅に出てきた青い芽が、いつのまにか成長して、こんな灌木になったのだった。その頃、この5階建てのマンションのベランダにギャーギャー鳴く鳥が来ていたから、多分彼らが実をくわえて来てここに落としたか、それともフンの中にタネがあったのだろう。

DSC_0057_convert_20180419105107.jpg
そのまま放置していたら、いつの間にか、こんなに大きくなって、白い花と赤い実までつけてくれた。それも2本も!
名無しさんのままだが、「ウツギ」じゃないの?という人もいる。

買わずに手に入れたこの灌木を、2つの鉢に植え直したら、立派に観賞に耐える鉢植えになった!

都会でもこんなことがあるんだ!と思ったら、何か得をしたような、というより、やや襟をただす気持ちになった。
自然の営みは、何も田舎にだけあるわけじゃない!
都会でも、あくせくする人間を尻目に、自然はマイペースを守っているらしい。
やっぱりこの都会地獄で、もう少し頑張ろうカナ!!!
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

プロフィール

ハイジおばさん

Author:ハイジおばさん
スイスとのおつきあいは、スイス政府観光局から始まって、もうかれこれ40年。まだまだ奥深いスイスの魅力を追いかけています。hpもどうぞご覧下さい。
www.office-romandie.info/

カウンター
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR