[428]ハイジおばさんの断捨離日記-16

■使わなければ錆びる?

『耳は1分で良くなる』とかいう本を買ってあった。この数年、耳が聞こえにくくなってきたことへの神頼みみたいなものだ。
今日行ったさる大学病院の耳鼻咽喉科で聞いて見たが、耳に関しては、外部からの刺激で機能を向上させることはできないそうだ。つまり補聴器を使うか、テレビの音が大きく聞こえる補助器を使うしかないとのこと。しかし、よほどの騒音でない限り、終始音を聞いて耳に入れることは大切らしい。つまり読書をするにも、一人静かにというのもいいが、できれば人の声などを聞いて、音を耳に入れている方がいいらしい。一人暮らしにはつけっぱなしラジオやテレビも悪くないということか?

反面、「喉」つまり嚥下作業については、喉周りや首の筋肉を積極的に鍛えるのは有効らしい。新聞に出ていた、「舌の体操」「嚥下おでこ体操」「メンデルスゾーン手技」などは、医学界でも認められている手法だそうだ。この記事は切り抜いて目の前に貼った(一部、下記の写真の通りです)。喉の健康のためには、積極的に喋ることも良いらしい。一人暮らしで喋る必要も少ない生活は、明らかに嚥下作業にまで悪影響を及ぼしているのだった!!!老人に独り言が多いのはあながち理由のないことではないのだ!ペットを飼うのは有効だろう。私は話すロボットを買おうかと思っている。それとも歌でも歌おうか?これは一人暮らしの特権ですものね〜〜〜。


img411のコピー_convert_20180529183129

鼻は、特に病気がない場合は、せめて清潔に保つことは積極的にやった方がいいらしい。鼻うがいを勧められた。

以上、高齢者向け耳鼻科総括です。

スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

プロフィール

ハイジおばさん

Author:ハイジおばさん
スイスとのおつきあいは、スイス政府観光局から始まって、もうかれこれ40年。まだまだ奥深いスイスの魅力を追いかけています。hpもどうぞご覧下さい。
www.office-romandie.info/

カウンター
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR