FC2ブログ

[453}ハイジおばさんの断捨離日記ー41

スイスのル・コルビュジエ

世界遺産にも認定された上野の国立西洋美術館で開催中の、ル・コルビュジエ展。
フランスの建築家として後援も全てフランス関係である。

しかし彼はれっきとしたスイスの出身者で、スイス名はジャヌレ。
「ピュリスムの時代」というサブタイトルに、一片のスイスを発見できるかと期待して、新緑の上野の森に出かけて見た。

ル・コルビュジエの出身地は、スイス北部フランスと国境を接するジュラ地方のラショードフォンだ。フランスとスイスを分けるジュラ山脈のその東側、かつて宗教改革の時に、ユグノーと呼ばれるフランスの新教徒が逃れてきた地方である。スイスのシベリアと呼ばれるこの地方には、新教徒の末裔が多くすみ、名前にもユグノーとかユグナンとかが残っている。
DSCN1339_convert_20190420075948.jpg

DSCN1349_convert_20190420080042.jpg

スイス時計産業の中心地であるラショードフォンの街には、ル・コルビュジエが建てた建物がいくつか残っている。その中で私が特に心惹かれたのは、彼が両親のために建てたという「白い家」であった。小高い丘の上にあって、外見より中は広々として、コルビュジエ独特の空間が広がる。

この空間の空気は展覧会の図面では表せない。
スイスからだんだん離れていった彼の当時の作風を見ながら、隣接して展示されていたこの国立西洋美術館常設展の数々に、何かホッしたものを感じたことは否めない。


スポンサーサイト



コメントの投稿

Secre

プロフィール

ハイジおばさん

Author:ハイジおばさん
スイスとのおつきあいは、スイス政府観光局から始まって、もうかれこれ40年。まだまだ奥深いスイスの魅力を追いかけています。hpもどうぞご覧下さい。
www.office-romandie.info/

カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR