fc2ブログ

●カリジェとウルスリの鈴17

プラテンガ0_convert_20110827214117
「百年の眠りをむさぼる桃源郷」とカリジェが呼んだ、オーバーザクセン地方。左上に小さな祠が見える。

それから安野先生と私は、カリジェが後半生の大部分をすごしたプラテンガ村を訪ねることにしました。その前に大きな僧院がある隣町のディセンティスに行き、そこにあるカリジェの絵や本を出版していたディセルティナ社に寄りました。ここにはカリジェの担当編集者だったヘンリーさんが私たちを待っていてくれて、雪景色のオーバーザクセン地方を、プラテンガまで車を走らせてくれたのです。

プラテンガ_convert_20110827214227 プラテンガ0001_convert_20110827214320
小雪の舞う、プラテンガの「ズンネファンク」の家. 左がヘンリーさん、右にアリックさん


プラテンガは、カリジェのアトリエ兼住まいのあったところで、その家は「ズンネファンク」と呼ばれています。これは太陽を捕まえるという意味だそうです。お隣に住むアリックさんは、カリジェの助手のようなことをしていたそうで、チューリヒまで絵を売りに行くカリジェを馬や馬橇に乗せて反対側の麓のイランツまで下りたそうです。カリジェは絵が売れると飲んだくれて帰ってくることが多かったらしいです。
アリックさんのお部屋には、カリジェが結婚祝いに描いてくれた絵や、20才頃の肖像画がかかっていました。

プラテンガ0002_convert_20110827214358
カリジェが中の絵を描いたプラテンガの小さな祠

オーバーザクセン地方の道の傍らには、ちいさな祠が沢山あって、カリジェはその中にいくつか絵を描いています。ちょうど日本の道祖神のようなおもむきで、この地方は地形としては高いところにありますが、なにやら安曇野を思わせる、美しい里です。
カリジェは、それまでのデザイナーとしての名声をすべて捨てて、ここに隠棲したのでした。


スポンサーサイト



テーマ : スイス
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

Secre

プロフィール

ハイジおばさん

Author:ハイジおばさん
スイスとのおつきあいは、スイス政府観光局から始まって、もうかれこれ45年。まだまだ奥深いスイスの魅力を追いかけています。hpもどうぞご覧下さい。
www.office-romandie.info/

カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR