FC2ブログ

[434]ハイジおばさんの断捨離日記-22

▪️消火器その2:スプレー式到着!

そうこうするうちに、注文のスプレー式消火器が着いた。曰く、エアゾール式簡易消火器。。見た所、ゴキブリ退治のスプレー缶と大差ない。大して重くもないし、使い慣れたスプレーと同様に、必要とあらば、すぐ操作できるだろう。
DSC_0134_convert_20180826221123_convert_20180826221716.jpg
そもそも埃まみれの消火器などを引っ張り出したのは、新聞に挟まれて配達された、『広報!!とうきょう消防 第30号』なるチラシが気になったからで、このチラシは火事のことはそっちのけで、病院へ行く?救急車を呼ぶ?がメインタイトル。どうも最近の消防署は、火事の対応がメインの仕事ではなくなったらしい。

4ページを隅から隅まで読んでも、火事の初期消火、つまり消火器の取り扱いについては、一言も説明がない。
そうなると、逆に心配になって、一人一人で対処することになるから、これも一つの効果かもしれないが・・・・・。
引っ張り出した消火器の表面の記載を見ても、使い方の説明としては、ノズルを押して火に向けよ!くらいで、まるで「あとのことは常識でしょ!」と言わんばかりだ。だけど、第一こんな重い物、火に追われた老女には扱い切れない!

加えて、耐用期限が約8年というこうした消火器の、期限を過ぎた代物をどう処理すべきかの指示なんぞどこにも書かれていない。買うときには3-4千円もしたから、捨てるときにはちょっともったいない気も働くし、第一、やたら捨てられるものでもなさそうだ。

そこで世田谷区の粗大ゴミの一覧表を見たが、消火器はリストに無かった。だから明日区役所に電話して聞かなくては捨てることができないわけだが、リストにも無いということは特別値段となり安くはないだろう。買うにも捨てるにもお金がかかって、使わなければそれまでというのは、火事にならなかったことはめでたいとしても、消費者に安心料として受け入れてもらえるだろうか?貰い火というのもマンションならありそうだし・・・・・。

こうした説明が皆無なのが気になりだしたら、急に火事というものが二重に怖いものに見えてきた。

[433]ハイジおばさんの断捨離日記-21

▪️消火器

マンションにこんな消火器は必要か?
断捨離の一環として、家にこの10数年居座っている消火器を取り出した。10年を過ぎたものは効力がないと聞いているから、無用の長物だとは思うのだが、このまま持っていてどうなるのか?なんか分かってない感じ・・・・・
・。

<span style=
まずラベルに見えた製造会社に電話してみた。有効期限が切れているのはもちろんだが、色々聞き出してみると、万が一使用した場合、泡の海を始末するのが大変らしい。
「マンションで、スプリンクラーが付いているなら、本格的な消火器はいらないんじゃないですか?」と、メーカーらしからぬお言葉! そうかもなあ???でも試しに噴射してみるわけにも行かないし・・・・・・・。

ともかく代わりにアマゾンに注文した、スプレー式の消火器がもうすぐ配達されるはずだから、それを待とう!


[432]ハイジおばさんの断捨離日記ー20

▪️広域避難所と第一次避難所?

断捨離と言っても捨てるばかりが仕事ではない。我が身を救うという作業を伴う年代である。

大きな災害があったら、逃げるところは近くの明治大学のキャンパスとばかり思っていた。しかし、配られたパンフの類を見ると、①避難所②避難場所の2種類があって(世田谷区の場合)、まずは①へ逃げるらしいのだ。①の場所は松原小学校、歩いて20分はかかる。災害時にこんな距離を歩けるものだろうか?②なら10分。間違えて先に②に行っちゃったら、どういう扱いを受けるのだろう?

そして、何を持って避難したら良いのか?食べるもの?着るもの?

それ以前に、どういう場合に避難するのか?

手元の資料を見ても、こうした説明はない。区民のために作ってくれたパンフだとは思うのだが、実情と噛み合わない。
噛み合わないのは年のせいか?やれやれ、また一つ仕事が増えた!!!


img415_convert_20180727205425.jpg

[431]ハイジおばさんの断捨離日記-19

■『かんがえる子ども』−安野光雅著

 同じくこの6月に発刊された安野光雅先生のご本を紹介させていただきます。

一見、子供向けにお書きになったかのような平易な文章ですが、これは立派な大人向けの本です。知らず知らずに自分に向かって話しかけられているかのように感じ始め、心の中で何かがコトリと動きました。
DSC_0120_convert_20180619103723.jpg

 スイスをドライブしながら、スケッチを重ねられた安野先生!「運転にはマーラーが合うんだよ」と、ご持参のテープをかけておられましたっけ!

 そして忘れられない先生の特徴!それはたった今のことでも、過去のことはすぐに後ろにやって、すぐ忘れてしまわれることです。それは遠い過去のことばかりではなく、たった今終わったことでも、もう忘れておられる、それはいつも前を見ておられる、ということだったのでしょう。
 この本を読みながら、こうした先生の姿勢を思い出し、また新たな勇気が心の底から温かく湧いてくるのを感じました。

[430]ハイジおばさんの断捨離日記-18

■安野光雅先生の、『旅の絵本IX』スイスが発刊されました

DSC_0115_convert_20180618165230.jpg

アンデルセン賞画家でもおられる安野光雅先生の、『旅の絵本』シリーズが、9巻目でスイスに入りました。あの懐かしい絵の数々が再び目の前に登場です。

安野先生をスイスにご案内してから、もう25年も経つでしょうか?スイスの絵本作家、あの『ウルスりの鈴』の原作者の、カリジェの足跡を訪ねるという目的で、運転好きの先生がレンタカーを運転、私が助手席でスイス中を走り回った、楽しい旅でした。

この度、先生が再び旅の絵本シリーズのスイス篇を、福音館書店から出されるにあたり、そのあとがきを少々お手伝いしました。

安野先生の、あのなんとも言えない優しく美しい絵のタッチは、この本を開く人の心の宝になってくれると信じます。



プロフィール

ハイジおばさん

Author:ハイジおばさん
スイスとのおつきあいは、スイス政府観光局から始まって、もうかれこれ40年。まだまだ奥深いスイスの魅力を追いかけています。hpもどうぞご覧下さい。
www.office-romandie.info/

カウンター
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR