FC2ブログ

[449]ハイジおばさんの断捨離日記-37 

✳️緊急避難の準備ー防災その1

目の具合が悪くて、細かい仕事ができないので、ちょうど良い機会とばかりに災害時の避難用品の整理をすることにした。

そこで取り出したのが、黄色い表紙の『東京防災』の小冊子。なんでもスイス政府刊行の『民間防衛🇨🇭』をモデルにしたそうだが、なるほど手に取ってみると、どちらも両手の平に入るほどのサイズで、見やすい。

民間防衛jpg_convert_20190318145240

それから、今まで自分が用意してきて、避難の時に持ち出そうとしていたリュックサックを引っ張り出したのだが、中を広げて唖然とする・・・・・。

普段家で使わない、ローソクやらティッシュやら、ドライフーズなどが漫然とぶち込まれている。一体、どこに何を持って逃げようとしていたのか??? リュックの中身は、使い慣れない日用品の、中間処理場さながらであった。

[448]ハイジおばさんの断捨離日記-36


▼今どき、結核?

世田谷保健所からの突然の電話に驚いた。しかも結核の検診をします、とのこと。
今どき、結核とは!?!

昨年来、集会で隣に座っていたご老人が、結核を発病したとので、「当該感染症のまん延を防止するため、血液検査が必要があると認められるため」とのこと。
感染症の類型が、「2類感染症」、疾病名「結核」との書類が届いた。

そういえば、昨年暮れの2−3ケ月、妙な咳が続いたことが思い出される。
まさか!と思いつつ、電車を乗り継いで、世田谷保健所に出向いた。

その結果は来週!


DSC_01822_convert_20190314184106.jpg

[447]ハイジおばさんの断捨離日記-35

✳︎『くろんぼノビの冒険』

知り合いのお医者様から、こんな本をお借りしました。かなり古くて、落としたら、紙が粉になってしまいそうです。発行は昭和32年(1957年)、今から60年以上も前のものですから、無理もありません。

DSC_0193_convert_20190301174330.jpg

これは、『Der Neger Nobi』というドイツ語からの翻訳です。
判型は、だいたい新書版と同じですが、硬い表紙が付いていて、厚さ1.8センチ、その本のマチが、表紙の模様と同じ緑色で塗られていて、新書版とは比べ物にならない、しゃれた装丁になっています。

お話は、ノビという名前の愛すべき天性の黒人の少年が、生まれた村で成長しながら白人を退けるに至る日々の有様を、非常に身近なタッチで描いているものです。これを読んだ大人も子供も、自分に中にあるノビの部分を発見して、自分もこんな風に生きられるのではないか!とふと思い当たる、そんなお話です。

くろんぼうは差別用語に指定されていますが、ノビという名前が日本語の伸びを連想させるところも、心に入りやすい理由かもしれません。岩波少年文庫の131となっています。

[446]ハイジおばさんの断捨離日記−34

◆レマン湖畔のフレディ・マーキュリー104_0460_convert_20190206112545.jpg


モントルーのレマン湖畔を、カジノの方に歩いていくと、湖畔にこんな像があります。これはフレディ・マーキュリーが、モントルー・ジャズフェスティバルに出演したことを記念して作られた像だそうです。

ここは、Chemin fleuri (花咲く道)という愛称のあるお洒落な遊歩道の一部で、こんな現代風の男性の、それも躍動的な像は似合わないなあ、と通るたびに感じて居ましたが、今また、映画『ボヘミアン・ラプソディー』が日本でも公開されて、フレディーが脚光を浴びているようですね。


背後の丘に見える大きな建物は、Caux Palace Hotelで、MRA(Moral Re-Armament)の本部や、スイスホテルスクールが置かれ、瀟洒な佇まいでレマン湖を見下ろします。

[445]ハイジおばさんの断捨離日記ー33

🔹アッペンツェル地方の冬

前回、1月13日のアッペンツェル地方の伝統行事、「アッペンツェルのクロイゼ」をご紹介しましたが、こうしたクロイゼの集団が、大きな鈴を鳴らしながら訪ねているのは、こうした雪の野に散在する農家です。現代の見物人は、道路上を車で追いかけますが、ショートカットして渡り歩くクロイゼにはなかなか追いつけません。この絵は、アッペンツェル地方の有名な民俗画家、アルフレッド・マンサーのものです。
  
iAppenzell冬_convert_20190122083806_convert_20190122091140

プロフィール

ハイジおばさん

Author:ハイジおばさん
スイスとのおつきあいは、スイス政府観光局から始まって、もうかれこれ40年。まだまだ奥深いスイスの魅力を追いかけています。hpもどうぞご覧下さい。
www.office-romandie.info/

カウンター
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR